忍者ブログ
長野県松本市波田にある建築設計事務所です。 住宅や、事務所などの設計・監理業務を行っています。
[151] [150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143] [142] [141]
松本市入山辺のA邸。
キッチン改修工事が完了して早いもので1年が経過しました。
工事が完了して1年が過ぎたところで検査する目的は
四季を通してお使いいただくことで、使い勝手なども含めて
全体的に不具合があったかどうかをお聞きすること。
また重点的な箇所としては、襖などの建具になります。
建具は既製品は使っていないので、どうしても反ってしまいがちです。
他にはキッチンは無垢の桜板を用いて製作したので、
家具の狂いが出ていないか等です。
改修工事部分を一通り検査しましたが、
襖の動きが多少悪い箇所がある。
また床組の不具合の為と思われるタタミの浮き沈みが一か所ある位で
他は問題有りませんでした。
キッチンは抽斗や扉の開閉は問題ありませんでした。
完成時の塗装のキラキラ感がなくなり、桜無垢板の質感が出てきました。
またキッチン廻りの納戸や収納は、
ほぼ設計時の打ち合わせ通りにお使いいただいている様でした。



改修工事の設計は、現状での不満を解消することでは不十分で
その先を見越して提案する事が重要だと考えます。
特にキッチンは日々の生活に直結するのでとても大切です。
5年、10年先、A邸のキッチンがどの様に使われて行くか?
設計をさせて頂いた立場として、経緯を見守っていければと
勝手に思っています。





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/15 aula-m]
最新TB
プロフィール
HN:
野口大介
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1966/05/09
職業:
建築家
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]