忍者ブログ
長野県松本市波田にある建築設計事務所です。 住宅や、事務所などの設計・監理業務を行っています。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
先日建築確認申請の審査で
バリアフリー法の規制対象になる建築物を提出。
トイレ等の表示(サイン)計画も併せて審査されました。

公共建築物(バリアフリー法適用建築物)で使われるピクトサインは、
上に表示されているJIS規格で定めてあるサインでなければダメだそうです。

バリアフリー法の適用外の建築物に
この様なデザインのピクトサインを付けました

このサインは北欧のピクトサインを少しアレンジしたものです。

公共性という視点でみれば
誰もが認識できる(している)デザインという事になるのは分かりますが・・・
PR
設計の依頼を頂いたのが約3年前の2016年11月・・・
2019年11月23日ようやく落成式を迎える事が出来ました。



コンセプトは
『町会の皆様が気兼ねなく集える交流の場
そして次の世代へ引き継げる公民館を目指して』



波田3区町会の皆様、そして建設委員会の皆様、
3年間有難うございました。
町会公民館建設の皆様の熱意に支えられる事で、完成までたどり着けました。
これからは今まで以上に新しい公民館をご利用頂き、
次の世代を担う子供達へと引き継いでいただければ
建築家冥利に尽きます。



7月23日に上棟式を終え、約2ヶ月半
大工工事、内外装工事、電気工事等粗方終わり
本日内外の足場の撤去、受電が行われました。




屋内床塗装工事、木製建具工事、備品取付等終了後
引渡となります。
6月24日に基礎埋め戻し工事がほぼ完了し、
続けて内外土間工事へと進みます。
外部アプローチ、玄関エントランス等は有筋の土間コンクリート
内部床下は砕石を敷き詰め転圧、その上に防湿シートを敷き込み
無筋コンクリートで覆います。
6月26日
防湿シート施工


土間配筋施工、土間型枠施工


先週の26日(水)の天気予報では
週末から来週の木曜日まで雨模様となっていましたが
本日7月1日(月)は曇りの天気予報へと変わったので
土間コンクリート、防湿シート押えコンクリート打設をおこないました。

土間床の勾配を
四方からレベルのチェック


左官職人がアプローチの床を
木コテで丁寧に表面を押さえていきます


通常土間コンクリートを仕上げとする場合
金コテを用いて平滑に仕上げます。
今回はツルとした平滑な仕上げではなく
ザラとした荒れた仕上げにしてもりました、


コンクリートの打設を始めた時、天候は曇りでしたが
押さえ工事が終わる頃には青空が広がっていました。
急激な温度上昇により
コンクリートの表面が早く乾きだした為
左官職人はハケで表面を濡らしながら施工していました。
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新CM
[12/15 aula-m]
最新TB
プロフィール
HN:
野口大介
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1966/05/09
職業:
建築家
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]