忍者ブログ
長野県松本市波田にある建築設計事務所です。 住宅や、事務所などの設計・監理業務を行っています。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
松本中心市街地で開催される工芸の五月
その中の企画の一つに
『建築家と巡る城下町みずのタイムトラベル 建物探訪編』
があります。
昨日(4月29日)は、そのリハーサルがあり
朝9時30分に出発地点である、松本城北側の池上百竹亭に行きました。
案内役の大学生、地元建築家で、当日説明すべき事(その場所の歴史、
建築的な要素等)を確認しながら実際に廻るコースを歩きました。
実際の所要時間は3時間を想定していますが今回は4時間以上かかりました。

お昼を食べてから本日の第二部
『建築家と巡る城下町みずのタイムトラベル 建物探訪編』
城北編アンコールツアーを廻りました。
一日で歩いた歩数、万歩計は1万5千歩だったそうです。
興味のある方はぜひ参加ください。
ちなみに私は
5月2日(土)城北編アンコールツアー
5月23日(土)、5月30日(土)に案内役としてご一緒させて
頂きます。

ご案内
『建築家と巡る城下町みずのタイムトラベル 建物探訪編』
城北編アンコールツアー
開催日:
5月2日(土) 9:30 〜 12:30
要予約 (先着15 名) 参加費500 円(お土産付き)
集合場所
松本城太鼓門 ※解散場所も松本城太鼓門となります

『建築家と巡る城下町みずのタイムトラベル 建物探訪編』
「建築探訪編」
5月6日(水祝)、17日(日)、23日(土)、30日(土)
9:30 〜 12:30
集合場所
建築探訪編:池上百竹亭(松本市丸の内10番31号)
 http://www.hyakuchikutei.jp
※解散場所は大手門枡形跡広場となります。

申し込み・問合せ
電話  松本市美術館 ☎ 0263-39-7400 予約開始/ 4月10日(木)9:00 〜
*予約に空きがあれば、当日も申し込みを受付致します。
PR
共同設計・監理で手掛けさせていただいている
現在建設中の山の子保育園で、
本日卒園式が行われました。
卒園する皆さん、ご卒園おめでとうございます。

園舎がまだ全てが完成していないので、
仮使用中の小ホールでの式となりました。

山の子保育園の卒園式はとてもユニークで、
他の保育園とは一味違います。
リズム体操やこま廻し等園長先生のピアノの伴奏に合わせて、
卒園する子供達がパフォーマンスを披露してくれました。

昨年の9月から始まった建築工事で、
子供達には仮設の園舎での不便で狭い生活でしたが、
最後に新しいホールで卒園を迎えてもらうことが出来、
その点では良かったと思います。
園舎はあと少しで完成です。




着工から3ヶ月が経過した山の子保育園現場は、既存解体、基礎工事、鉄骨建方工事と進み
現在の主な工事は外壁などの外部仕上げと、内部の木下地に進んでいます。
園舎の感じが出てきたので現場が年末年始休暇を見計らって、写真を撮影して来ました。

北東道路側から

西側から

デッキから-1(3・4歳児保育室前)

デッキから-2(小ホール前)

2階南西側から

(写真は全て年末12月30日撮影)
鉄骨と木軸のそれぞれの特徴を活かした構造です。


3社(HAL設計室・藤松建築設計室・野口大介建築設計室)
の共同設計で、設計・監理を手掛けさせて頂いている
松本市里山辺『山の子保育園』の増築工事の鉄骨建方工事が
明日11月13日から始まります。

鉄骨の建方完了時のパース(作成:藤原さん)

現場監督の㈱アスピア藤原さんが、スケッチアップで作成してくれた
データーに私が手を入れて、現在完成パースを作成しています。
3Dで各所の納まりが検討できるので、とても重宝しています。





キッチンの改修の依頼を頂いたのが2011年10月。
色々諸事情がありずいぶんと時間がかかりましたが、
約3年けて今年の5月にようやく完成しました。

〇概要
  今回手掛けさせていただいた住宅は、14年前に建築をされました。
 柱や梁の構造材はもちろん、和室の造作材、居間の化粧梁+板張りの天井など
 床材以外はご自身の山から切り出した木(杉、桜等)を使って建てられ、
 ご家族にとっては思い入れのある住宅です。

〇今回の改修工事での要望は・・・
・明るいキッチンを造りたい。
・14年前に切り出した桜板を今回使いたい。
・ストーブを置きたい。等々ありました。

〇コンセプトと改修内容
 現状は居間、キッチン・食堂、その他和室と建具で仕切られていて独立性が高く外観のボリューム感よりも室内に入るとこじんまりとした感じとなっていましたが、居間の中にキッチンを造り、家族の団欒に食事を作る事を取り込み、明るく賑やかなキッチンとなる様に。また1階全体が連続することで明るい住空間と成ることを目指して収納と押入を取り払い、客間の和室6畳と居間、そして座敷8畳(収納等を造り6畳に改修)が一体でも使えるようにし提案をさせていただきました。

キッチンは桜板を使いコ型の造り付キッチンとし、居間の天井は化粧梁と板張りの天井をそのまま活かしました。そしてストーブはゼンマイで動く信州型のペレットと薪併用を居間に設置して皆が楽しめる様にしました。また床材は信州産の赤松漆塗り無垢フローリング。居間のペンダント照明は娘さんの作品です。

 思い入れのある住宅を改修することは、
大切に思われている部分を活かしながら新たな住空間を提案できるか?
今回手掛けさせていただき実感しました。


   
居間の中にあるキッチン 

既存の化粧梁+板張りの天井をそのまま活用

3つの部屋を連続

ゼンマイで動く薪併用ペレットストーブ

カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[12/15 aula-m]
最新TB
プロフィール
HN:
野口大介
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1966/05/09
職業:
建築家
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]